【TOPICS】HOW TO CARE for CASSELINI ITEMS – キャセリーニ(CASSELINI) 公式オンラインショップ
お得な会員特典について 詳細はこちら
会員登録ですぐに使える500ポイントプレゼント 詳細はこちら
公式LINE お友達追加で500円クーポン 詳細はこちら
送料390円 7000円以上で送料無料 詳細はこちら

【TOPICS】HOW TO CARE for CASSELINI ITEMS

WARM ITEM

CASSELINI ONLINE SHOPで販売しているバッグやシューズ、ハットやアクセサリーをご愛用いただくためのお手入れ方法を、カテゴリーと素材別にご紹介します。
商品の素材は、各商品ページの《アイテム詳細》よりご確認いただけます。

BAG

  

合成皮革

  
  • MUFFLER
使用前には衣類用の防水スプレーを吹きかけ、使用後は頻繁に乾拭きで埃を落としてから保管することをおすすめします。

汚れた場合
1.表面の汚れは、きつく絞った濡れタオルで水拭きしてください。
2.水拭きで落ちない場合は、薄めた中性洗剤(漂白剤・蛍光剤・柔軟剤などが含まれていないもの)をタオルに含ませて拭いてください。
3.中性洗剤がついていない濡れたタオルでよく拭き取り、直射日光を避けて風通しのいい場所で乾燥させてください。
直射日光があたる場所や湿気の多い場所で放置すると、色落ちやヌメリ、ひび割れの原因になります。

スエードタイプの人工皮革には、革製品用の消しゴムで汚れを落としてください。
あまり強く擦るとその部分だけ変色し、生地が傷む原因となる恐れがありますのでご注意ください。   

ナイロン

  
  • MUFFLER
使用前には衣類用の防水スプレーを吹きかけ、使用後は頻繁に乾拭きで埃を落としてから保管することをおすすめします。
馬毛のような柔らかいブラシで、織り目に添ってブラッシングをすると、織り目の隙間に溜まっている細かい埃が取れます。
雨などで濡れてしまった場合、もしくは湿気が高い時期や汗ばんだ日に使用した後は、陰干しをするとカビやシミの予防になります。

泥や埃によって汚れた場合
1.中性洗剤を薄めた水でタオルを濡らし、固く絞ってから、バッグの汚れた部分を軽くたたくようにして拭き取ってください。
2.同じく、固く絞った濡れタオル(洗剤がついていないもの)で、バッグの洗剤を拭き取ってください。
3.バッグの形を整えたあと、風通しのいい場所でバッグを陰干ししてください。

化粧品などで汚れた場合
1.汚れた部分にクレンジングオイルを塗布し、やわらかい歯ブラシなどで馴染ませてください。
2.汚れが浮かび上がってきたら、固く絞った濡れタオルで拭き取ってください。
3.オイルの感覚がなくなるまで繰り返し、拭いた後は風通しのいい場所で陰干ししてください。

調味料などの油で汚れた場合
1.乾いた状態で、衣類用洗剤もしくは食器用洗剤を、汚れに塗布してください。
2.汚れと洗剤が馴染んだら、なるべくその部分だけを水で洗い流してください。
3.洗剤が流れたら、バッグの形を整えて風通しのいい場所で陰干ししてください。

ナイロンは、吸湿性が低いため油が繊維表面に残りやすいという特徴があります。
油汚れの場合は、同じ油の成分で汚れを浮かせることがおすすめですが、必ず少量の洗剤からお試しください。   

牛床革

  
  • MUFFLER
使用前には衣類用の防水スプレーを吹きかけ、使用後は頻繁に乾拭きで埃を落としてから保管することをおすすめします。
さらに、デリケートタイプのクリームで定期的にお手入れをしたり、中身を空にしてバッグの休日をつくるとダメージを防ぐことができます。
革の扱いに慣れていない方は、オイルではなくクリームを使用したお手入れが、染みになりにくくおすすめです。

汚れた場合
1.皮革を傷めない、無溶剤タイプのクリーナーの使用をおすすめします。
2.クリーナーを数滴出したやわらかい布を、まずは底などの目立たないところで試したあと、汚れた部分にあててください。
3.優しくたたきながら、汚れを浮かせてください。
4.汚れが浮いてきたら、清潔な布で拭き取ったあと、乾拭きをしてください。

水に濡れた場合
1.乾いたやわらかい布で、速やかに水分を拭き取ってください。
2.よく拭いたあとは、風通しのいい場所で陰干ししてください。
牛床革は、水分に弱く、そのままにしておくとシミや変色、カビの原因となります。
また、天日干しも硬化や変色の恐れがあるため、必ず日陰で自然乾燥をさせてください。   

雑材

  
  • MUFFLER
使用後は、やわらかいブラシやハケで埃を落としてから保管することをおすすめします。

汚れた場合
1.基本的には水や洗剤などを使用したお手入れは推奨しませんが、ひどく汚れた場合は少量の水と中性洗剤を含ませて固く絞った濡れタオルを使用してください。
2.1のタオルで汚れた部分を軽くたたくように拭いてください。
3.濡れた部分は風通しのいい場所で陰干ししてください。

水に濡れた場合
1.乾いたやわらかい布で、速やかに水分を拭き取ってください。
2.よく拭いたあとは、風通しのいい場所で陰干ししてください。
しっかりと乾かすことでカビを防げます。
長時間日光にあたると変色の原因になりますのでご注意ください。   

ACCESSORY

  

メッキ

  
  • MUFFLER
アクセサリーは、衝撃や水分、洗剤などにより傷ついたり変色してしまう場合があります。
料理や掃除などをするときや、洗顔、入浴時などははずすようにしましょう。

1.使用後は酸化による変色を防ぐため、柔らかい布などで酸化のもととなる汗や皮脂、水分などを優しく拭いてから保管することをおすすめします。
2.空気や空気中の水分も酸化の原因になるため、密閉した状態での保管が効果的です。
また、メッキアクセサリーは摩擦に弱いので、密閉保存はそういったアクセサリー同士が擦れたり衝撃を受けたりすることを防げます。   

HAT

  

雑材

  
  • HAT
帽子は、皮脂汚れがつきやすいにもかかわらず水濡れが型崩れの原因となりなかなか洗いにくいアイテムです。
本来であれば使うたびに、せめて季節の変わり目にはしっかりとメンテナンスをしてからシーズンオフを迎えてあげるのがおすすめです。

1.使用後は全体の埃をやさしく拭き取ってください。
2.極端に汚れが付着した部分や、皮脂汚れがつきやすい内側の「すべり」の部分は、固く絞った濡れタオルで形が崩れない程度にたたいてください。
3.陰干しをして、完全に乾いたら、形が崩れないように紙や布を詰めて保管してください。
  
ページトップへ戻る
ページトップぺ戻る